忍者ブログ

ファイヤーワールド平泉―暖欒工房CHIJO

ホームページをリニューアルしました。
ブログ移行となりましたので、今後こちらでは更新は致しません。
http://www.stove-chijo.com/info.php
また、新しいブログでは記事移行をおこなっておりませんので、こちらは残しておきます。

The Ugly Duckling

「みにくいアヒルの子」の愛称で長年親しまれてきたデンマーク製スキャン社のCI-1、この薪ストーブを約30年間使用した物が当社に展示しています。四半世紀前のビンテージ品です。この頃は、まだ扉にガラスのついたものはありませんでした。


この度、この薪ストーブを一関市のお客様に贈呈していただきました。長年丁寧に使用されてきたようで、メンテナンスもしっかり行き届いておりました。
当社ではCI-1Gの在庫が1台だけあるので、新旧並べて置いてみましたが、どちらが古いものなのかわからない位です。

製造しているメーカーが少なくなったシガータイプストーブ。しかし、いまだに人気は衰えていません。
このタイプの特徴として、薪が手前から奥へとゆっくり燃える事にあります。控えめな外観にもかかわらず、驚くほどの効率性を備えている優れものです。数多あるシガータイプのストーブの中で、CI-1Gはぬきんでて人気があり、その性能には定評があります。
これほどのものを廃盤にしてしまったのは、時代の流れなのでしょうか。各メーカーのラインナップは年々縦型のモダンなものが増えてきています。
非売品になりますが、この30年物のストーブを見てみたい方は、ショールームへお越し下さい。

赤錆!
全面赤錆ていました。
まずは、表面を研磨します。
その後、耐熱塗料を吹き付けます。

前
後ろ
後ろ


新旧
左側がCI-1G CB、4年前に廃盤になりました。
右側が30年使用され役目を終えたCI-1の姿です。



PR

コメント

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[09/09 暖欒工房CHIJO]
[09/09 藁谷収]
[04/07 長尾]
[06/02 CHIJO]
[05/31 rf65sasayan]

最新トラックバック

バーコード

アクセス解析